NPO法人 さいたま市鹿児島県人会

ホームホームごあいさつごあいさつ県人会について県人会について概要・組織概要・組織活動スケジュール活動スケジュール活動報告活動報告

HOME > 活動報告 > 女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」応援

Activity Detailed Report

活動報告・詳細

女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」応援(2018年)

 

埼玉アストライアさいたま市鹿児島県人会・女子プロ野球観戦ツアー
埼玉アストライア・地元開幕戦応援ツアーで盛り上がる!


埼玉アストライア・地元開幕戦応援ツアーで盛り上がる!

4月7日(土)、前日の荒天模様は一変して、絶好の野球観戦日和となりました。
当NPO法人が応援する「埼玉アストライア」対「京都フローラ」の試合が川口市営球場で開催され、当会員8名が応援に訪れました。最近人気上昇中の女子プロ野球。しかも地元開催ということで、球場は、ほとんどが埼玉アストライアファンで埋めつくされ、1,862名の観客が熱い声援を送りました。

まずは、今年から川口市も埼玉アストライアとの応援協定を結んだこともあり、奥ノ木市長と地元少年野球チームの選手が始球式を行い、大きな拍手が湧き起こりました。
この熱気に応えるかのように、埼玉アストライアは記録づくめの攻撃で、なんと23安打の「20-5」で圧勝! 試合を振り返ってみると、まさに「猛打戦」といった試合で、 佐藤千尋選手「プロ通算200安打」達成!1回裏の1番・佐藤千尋選手のレフト前安打から始まり、その後、加藤選手の送りバントと川端選手のフォアボールの後、5番・楢岡美和選手の見事なライト前ヒットで理想的な先取点。3回裏には、一死の後、2番・加藤優選手のセンター前ヒットを皮切りに、なんと12連続安打という、女子プロ野球史上「最多連続安打記録」を達成! 一気に11点をたたき出しました。このなかで、1番・佐藤千尋選手の「プロ通算200安打」という"快記録"も生まれ、球場は大いに盛り上がります。

その後も(埼玉アストライアは)毎回得点を重ね、今期最多の20得点を記録しました! 京都フローラは、必死の投手リレーで凌ごうと試みましたが、残念ながら「さいたまパワー」に打ち砕かれた感がありました。しかし(京都フローラも)岩谷美里選手が最終回に2塁打を放ち、これが「プロ通算300安打」となるなど、まさに"記録づくめ"の試合でした。

当NPO法人の法被(はっぴ)を羽織って応援する私たちは、球場でもひときわ目立つ存在でしたが、下園理事の「手造り弁当」を皆さんで美味しくいただきながら、さながら花見気分(今回は球場の桜は散っていましたが、埼玉アストライアの"華"を観ながら)の、楽しい時間を満喫しました!
次回は、もっとたくさんの皆さんと一緒に、楽しい応援ツアーにしたいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「埼玉アストライア」公式サイトはコチラ

女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」応援(2017年)

 

埼玉アストライアさいたま市鹿児島県人会・女子プロ野球観戦ツアー
埼玉アストライアの「2017年 ホーム開幕戦」に
行ってきました!


埼玉アストライアの「2017年ホーム開幕戦」に行ってきました!

今年も女子プロ野球シーズンが到来し、埼玉アストライアの「2017年 ホーム開幕戦」が、4月8日(土)13:00から川口市営球場で開催されました。

前夜からの雨模様で開催が心配されましたが、10:00頃には雨も上がり(曇り空ではありましたが)無事、開幕戦が開かれました。外野席の周辺には桜が満開! 春爛漫のうちに、球場には約1,200人ものファンが集い、強豪・兵庫ディオーネとの対戦に、みんなで熱い応援を送りました。応援席にはブラスバンドも入って、さながら高校野球のような雰囲気でした。

この日の両チームには「鹿児島」に縁(ゆかり)のある選手がたくさん出場していて、まさに「鹿児島Day」かと思うようなオーダー。埼玉アストライアの中島梨紗監督、先発の宮原臣佳投手、DH・松村朱咲選手、そして兵庫ディオーネの先発エース・里綾実投手、先頭バッターの厚ケ瀬美姫選手が、みんな神村学園出身という、両チームで5名もの神村学園出身者が揃っていて、私たち鹿児島県人としても、さらに応援に気合が入ります。

試合は、両チームともに初回から投手の"踏ん張り"によってゼロ行進が続きましたが、試合が動いたのは3回裏。(埼玉アストライアの)奥村奈未選手が左中間2塁打を放ち、続く送りバントで1死3塁まで攻めましたが、佐藤千尋選手のスクイズが運悪く投手ゴロとなって(奥村選手は)ホームでタッチアウト! 惜しいチャンスを逸しました。

一方、兵庫ディオーネは4回表に1死1塁・3塁とチャンスを作り、次打者の3塁ゴロで、果敢にホームを突きますがタッチアウト! 次に続く山崎まり選手の高く上がったセンターフライを(埼玉アストライアの)佐藤千尋選手が懸命の背走でミラクルキャッチ! 無得点に抑えることができたファインプレーに、スタンドから大きな歓声が沸き起こりました。

これで流れが来たかと思われた埼玉アストライアですが、5回表のエラーで(兵庫ディオーネの)三浦由美子選手が2塁まで進塁すると、続く川崎ひかる選手の左中間オーバーの3塁打で、1点を先取されてしまいます。さらに7回表にも、三浦選手の左中間3塁打、そして7番・みなみ選手のレフト前ヒットで2点目を奪われてしまいました。その後は、埼玉アストライアも必死の攻撃を試みますが、(兵庫ディオーネの)里綾実投手の安定した投球に、得点を奪えずに完封されてしまい、惜しくも地元開幕の初戦を勝利で飾ることはできませんでした。

今回の応援ツアーは、天候不順もあって、参加者は6名でしたが、恒例の法被を着て応援を楽しみました。そして次の機会には、埼玉アストライアの勝利と、好天気を期待した一日でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「埼玉アストライア」公式サイトはコチラ

女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」応援(2016年)

 

埼玉アストライアさいたま市鹿児島県人会・応援デー
「埼玉アストライア」サヨナラで地元初勝利!


今シーズンも、女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」を応援します!

現在、日本女子プロ野球リーグでは「ヴィクトリアシリーズ」が行われています。地元・さいたま市の「埼玉アストライア」は、ここまで4勝4敗の5割でしたが、まだ地元での勝利がありませんでした。そして迎えた5月7日(土)・8日(日)。この両日は、さいたま市スペシャルデー「Familyシリーズ」として、さいたま市営浦和球場にて「京都フローラ」との熱戦が繰り広げられました。

さいたま市鹿児島県人会では、5月7日(土)を「さいたま市鹿児島県人会・応援デー」として応援を行いました。当日は、真夏を思わせるような強い日差しのもとで、約1,000人の観客の皆さんと一緒に応援を行いました。

試合は、1回表の京都フローラの攻撃で、先頭打者が三遊間突破の安打で出塁。3番・三浦選手のライトオーバーの3塁打で、(埼玉アストライアは)いきなり先制点を許して苦しい立ち上がりとなりました。しかしながらその後は、磯崎由加里投手が、粘りの投球で相手打線を抑える一方、4回の裏には、センター前ヒットで出塁した山崎まり選手を、4番・川端友紀選手が右中間突破の3塁打でホームインさせて追いつき、さらには6番・岩谷美里選手のライト前ヒットで逆転! スタンドは一気に沸きあがります。さらに、6回裏の攻撃でも、4本のヒットとスクイズで2点を追加。楽勝ムードが漂いはじめましたが、その直後の7回表、京都フローラが粘りを見せ、代わった山崎舞投手は長短4本のヒットで3点を奪われて谷山莉奈投手に交代。その後は、四球で満塁と粘られましたが、内野ゴロ2つでしのぎ切りました。

その裏、今度は埼玉アストライアの反撃が始まります! 新人の佐藤千尋選手がセンター前ヒットで出塁。次の山崎まり選手の送りバントに続いて、4番・川端友紀選手は敬遠、ランナー1塁・2塁のサヨナラのチャンスを迎えます。ここで登場したのが岩谷美里選手。みんなの期待に見事にこたえて豪快なレフトオーバーのサヨナラ安打! 地元での初勝利にむけて、球場の熱気は最高潮に達します…追いつ追われつの大接戦を「5‐4」で制した埼玉アストライアは、現在2位。この勢いで優勝を勝ち取るべく、さいたま市鹿児島県人会も、地元ファンの皆さんと一緒に応援していきます。

次回の「さいたま市鹿児島県人会・応援デー」は、秋に開催する予定ですので、みんなで楽しく応援していきましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「埼玉アストライア」公式サイトはコチラ
「TOMOクラブ」についてはコチラ

女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」応援(2015年)

 

埼玉アストライア女子野球ジャパンカップ・準優勝おめでとうございます!
「埼玉アストライア」の応援に行きました。


ジャパンカップ・準優勝おめでとうございます!「埼玉アストライア」の応援に行きました!

10月25日 (日)の抜けるような青空のもと、県営大宮球場で開催された、全国女子硬式野球チームがプロ・アマ世代を超えて日本一を争う日本最高峰の大会「第5回 女子野球ジャパンカップ」の準決勝戦「埼玉アストライア×駒沢学園女子高校」の試合、そして決勝戦「埼玉アストライア×兵庫兵庫ディオーネ」の試合の応援に行きました。

まずは、準決勝・第1試合「埼玉アストライア×駒沢学園女子高校」(9:00~試合開始)。
2回裏に埼玉アストライアが、1死1・3塁から、9番・佐藤千尋選手が内野安打で先制すると、その後の2死満塁から3番・川端友紀選手がセンターオーバーの満塁ランニングホームラン! この回で一挙に7得点を挙げました。そして3回裏に2点を追加、5回裏にも無死1・3塁から、4番・岩谷美里選手がレフト前タイムリーヒットを打って「10-0」に! 大会規定によって5回途中にコールドゲームとなり、駒沢学園女子高校に大差をつけて圧勝、決勝戦へ駒を進めました。

つづく準決勝・第2試合「兵庫ディオーネ×京都フローラ」(11:30~試合開始)では、7回終了時点で「4‐4」の同点だったため、大会規定によって抽選が行われ、その結果、決勝戦には兵庫ディオーネが進出することになりました。

そして、いよいよ決勝戦「埼玉アストライア×兵庫ディオーネ」(14:00~試合開始)。
埼玉アストライアは、1回裏の兵庫ディオーネの攻撃で、1死2塁から3番・厚ヶ瀬美姫選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ、まず1点を先制されます。つづく2回裏にも、無死1・3塁から9番・川口亜祐美選手の右中間タイムリーツーベースヒット、1番・寺部歩美選手のレフトへの犠牲フライで2点を追加されてしまいます。その後は、果敢に攻撃するも、兵庫ディオーネの先発・宮原臣佳投手、後を継いだ村田詩歩投手らに抑えられて得点できず、「3−0」で試合終了となりました。
埼玉アストライアは、リリーフ陣として(我らが)大田秀奈美投手も好投を見せて無失点と踏ん張ったのですが、打撃陣にあと1本が出ずに初優勝を逃しました。 来年は、ぜひ優勝を!

これで、今年のさいたま市鹿児島県人会の「埼玉アストライア応援」も終了となりますが、埼玉アストライアの皆様には、おおいに楽しませていただき、本当にありがとうございました! これからも、さいたま市鹿児島県人会は、埼玉アストライアを、そして大田秀奈美選手を応援してまいります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「埼玉アストライア」公式サイトはコチラ
「TOMOクラブ」についてはコチラ

埼玉アストライア「埼玉アストライア」ホーム最終戦の応援に行きました!


「埼玉アストライア」ホーム最終戦の応援に行きました!

10月4日(日)に川口市営球場で開催された、女子プロ野球ヴィクトリアシリーズ最終戦「埼玉アストライア×兵庫ディオーネ」の試合の応援に行きました。9月21日の「鹿児島県人応援デー」に引き続き、今回も数多くの方に来ていただきました。

この日は、埼玉アストライアのホーム最終戦ということで「埼玉県民特別ご招待」となっており、1,500人以上の観客が集まりました。

試合は、2回表に兵庫ディオーネに1点先制されましたが、続く3回・4回からの川端友紀選手・山崎まり選手・三浦由美子選手の活躍により、逆転そして追加点と見事な逆転勝利をおさめ、球場全体が大きく盛り上がりました。なお、(我らが?)大田秀奈美選手は、リリーフの準備はしていたのですが登板はありませんでした。

来たる10月23日(金)~ 25日(日)には、県営大宮球場で、2015年チャンピオン決定戦「ジャパンカップ」が開催されます。埼玉アストライアをはじめ、プロ・アマ女子野球チームの11チーム(女子プロ野球チーム:リーグ上位3チーム、クラブチーム:クラブ選手権上位2チーム、大学生チーム:大学選手権大会上位2チーム、高校生チーム:夏の全国大会ベスト4チーム)が参戦して、日本一を競います。

 第5回 女子野球ジャパンカップ
  日時:2015年10月23日(金)10:00 第1試合開始予定
      2015年10月24日(土)10:00 第1試合開始予定
      2015年10月25日(日) 9:00 第1試合開始予定
  場所:県営大宮球場(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-9)
      ※東武野田線「大宮公園」駅より徒歩12分

「さいたま」が大いに盛り上がってくれたら…という気持ちで、今後も応援を続けてまいります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「埼玉アストライア」公式サイトはコチラ
「埼玉アストライア」の試合日程はコチラ
「TOMOクラブ」についてはコチラ

埼玉アストライア「埼玉アストライア」ホーム最終戦《特別ご招待》

「埼玉アストライア」ホーム最終戦《特別ご招待》現在、埼玉アストライアは、10月2日(金)からのホームゲーム3試合を残して、後期シーズン首位の京都フローラに1.5 ゲーム差の2位に着けています。このほど岩崎球団代表より、10月4日(日)に開催される埼玉アストライア・ホーム最終戦の「特別ご招待」をいただきました。お友達やご家族をお誘いのうえ、ぜひ、ご観戦・応援にお出かけください!

 日時:2015年10月4日(日)13:00 試合開始(11:30 開場)
 場所:川口市営球場(埼玉県川口市西青木4-8-1 青木町公園内
    ※JR京浜東北線「西川口」駅より徒歩15分

※ご来場いただく場合には、下記の「《特別ご招待》チラシはコチラ」からデータをダウンロード
 して印刷後、氏名をご記入いただいて、当日、チケット売場へご持参ください。
《特別ご招待》チラシはコチラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「埼玉アストライア」公式サイトはコチラ
「埼玉アストライア」の試合日程はコチラ
「TOMOクラブ」についてはコチラ

埼玉アストライア《鹿児島県人応援デー》
「埼玉アストライア」野球試合の応援に行きました!


女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」野球試合の応援に行きました!

さいたま市鹿児島県人会では、地元の女子プロ野球の球団「埼玉アストラ」に所属する鹿児島女子高校出身の大田秀奈美(ほなみ)選手(投手)を応援しようということで、球団側と相談の結果、9月21日(月・祝)を「鹿児島県人応援デー」として埼玉アストライアの試合(さいたま市営浦和球場)の応援ツアーを企画・実施し、多くの方々にご参加いただき、大いに盛り上がりました。

女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」野球試合の応援に行きました!当日は15名ほどが集まり、県人会の幟(のぼり)や大田選手への応援横断幕などを用意して、さいたま市営浦和球場に集結し、熱い応援を繰り広げました。

試合は、対戦相手の京都フローラのエース・小西美加投手に6回表まで無安打に押えられ、1対0のままの苦しい展開でした。しかし、6回裏の攻撃で、ヒットとデッドボールで出塁した2人の女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」野球試合の応援に行きました!ランナーを、ツーアウトから4番・山崎まり選手のライトオーバーの2塁打で見事に逆転! 7回表にピッチャー・磯崎由加里選手が相手打者をキッチリと打ち取り、勝利を納めました。
地元・埼玉での勝利ということで、850人の観客も総立ちで勝利を喜びました。

試合終了後には、グランドに入らせていただいて、大田選手との握手会、そして(大田選手を囲んでの)記念写真と、岩崎球団代表のご配慮によって、とても楽しませていただきました。

今回は大田選手の出番はありませんでしたが、女子プロ野球の選手のなかでは3本の指に入る速球投手です! 県人会では、今後も引き続き、埼玉アストラと大田選手を応援してまいります。

女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」野球試合の応援に行きました!また、当日は「アンテナショップ種子島」の鮫島宗政さんのご協力により、球場入口前広場に、安穏芋・ショウガ・黒糖製品などの物産販売コーナーも出店し、鹿児島と埼玉市民との交流も図ることができました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「埼玉アストライア」公式サイトはコチラ 
「埼玉アストライア」の試合日程はコチラ
「TOMOクラブ」についてはコチラ

埼玉アストライアさいたま市鹿児島県人会は、女子プロ野球チーム
「埼玉アストライア」を応援しています!


現在、「女子プロ野球チーム」は、4チーム(埼玉アストライア、京都フローラ、兵庫ディオーネ、東北レイア)のフランチャイズ制で試合が行われています。

(左:岩崎恭子球団代表/右:川保麻弥監督)(左:岩崎恭子球団代表/右:川保麻弥監督)さいたま市鹿児島県人会では、さいたま市民の方々との交流を図り、県人会として「埼玉アストライア」の応援を通じて女子プロ野球を盛り上げることが地域振興のお手伝いにつながるとの思いから、7月27日(月)に、埼玉アストライアの球団事務所(さいたま市中央区)を訪問し、これから「埼玉アストライア」を応援していくとともに、さまざまな協力を行わせていただくことを約束しました。ちなみに「埼玉アストライア」では、鹿児島女子高校出身の大田秀奈美(ほなみ)選手が、主力選手として活躍しています。

球団代表・岩崎恭子さんと監督・川保麻弥さんからは、現在のチームの活躍状況や、今後の目標などを語っていただきました。(下の映像でご覧いただけます。再生ボタンをクリックしてください)

 
さらに、下記の「埼玉アストライア×京都フローラ」の試合日を「鹿児島県人応援デー」として、埼玉アストライアの「TOMOクラブ」に入会(入会金:200円)すれば、当日の観戦を入場無料にしていただきました。 ご家族やお友達と一緒にご入会いただき、ぜひご観戦ください!
  対戦カード「埼玉アストライア×京都フローラ」
  日時:9月21日(月・祝)13:00(試合開始)/ 11:30(開場)
  場所:市営浦和球場(京浜東北線「北浦和」駅より徒歩10分)
  ※当日は、球場入口近くの、さいたま市鹿児島県人会の「のぼり」が立っているところに、
   お越しください。「TOMOクラブ」の入会申込書は、その場でお渡しします。
  ※「TOMOクラブ」入会申込書中の「応援する選手」の欄は、「大田秀奈美(ほなみ)選手」
   に、ぜひチェックを! 県人会として、応援していきましょう!
「鹿児島県人応援デー」の結果報告はコチラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「埼玉アストライア」公式サイトはコチラ
「埼玉アストライア」の試合日程はコチラ
「TOMOクラブ」についてはコチラ

とっておき! さいたま情報

かごしま&さいたまニュースかごしま&さいたまニュース
とっておき! かごしま情報とっておき! かごしま情報
とっておき! さいたま情報とっておき! さいたま情報
Uターン・Iターン情報Uターン・Iターン情報
活動・イベントスケジュール活動・イベントスケジュール
活動報告活動報告
会計報告会計報告
会報誌のご紹介会報誌のご紹介
入会のご案内入会のご案内